将来が読めないスーパー球児 根尾昂(大阪桐蔭)

本日は今年のドラフト1位指名候補の根尾昂(あきら)選手について書いていきます!!

dJgukHMo_400x400

 

根尾昂
大阪桐蔭(北大阪)
遊撃手/投手
177センチ 78キロ
右投左打

飛騨市立河合小(軟式・古川西クラブ)
飛騨市立古川中(飛騨高山ボーイズ)

 

豊かな才能ゆえに、まだこの時点でも将来像を浮かべることに迷う
今年の注目株の筆頭。

中学生の時から、その才能を開花させている。


根尾のプレーは多くの人を魅了する。

 

 

スポンサードリンク


大柄とは言えない体ながら出力の大きさがケタ違い。
幼少時代からゲレンデで偏りなく鍛えられた体幹と下半身の強さが、打つ、投げる、捕るのベースとなっている。

10957889_599307650170829_3563163795796308665_n
二刀流としてドラフト上位は確実。

 

「投手 根尾」

ストレート 138〜146キロ
5段階評価で
スライダー 4
カーブ 3
チェンジ 3
と変化球のキレも一品。

2018年選抜大会の根尾投手


投手としての魅力も高いが、
将来的には間違いないと思える守備力があり、
プロではやはり野手か。

 

柔軟に対応できるバットコントロール、
足がはやく隙があると次の塁を狙う走塁技術、
何よりあの肩力は野手としても一級品である。

 

ただ、打者タイプをどう見るかは球団次第で、
打撃の技術的対応には時間がかかるはずである。

 

打撃のタイプは違うが守備の評価が先行して
あとから打撃力がついてくる今宮健太選手(ソフトバンク)のイメージに似ている。

 

スポンサードリンク

 

 

2018ドラフト候補ランキング 総合部門
でも同校の藤原恭大を抑えて堂々の1位

課題はまだ指摘されるものの、
なんでもこなしてしまう抜群の身体能力を
この先、どのように生かしていくのか。

 

今までにいないような楽しみを与えてくれる根尾に集中が集まった。
現に北海道日本ハムファイターズは
野手と中継ぎという前代未聞の二刀流の姿を想像していて
ドラフト指名のリストにもいれている模様。

 

 

どの球団も目が離せない
確実にドラフト上位指名間違いなしの選手である。
大阪桐蔭高校では遊撃手と投手を兼任し、
センバツで絶好調だった智弁和歌山打線を寄せ付けなかった。

 

 

大一番と言われる相手には必ず根尾の投球が必要になってくる。
ここぞという場面では確実に結果を残してきた。
将来誰もが憧れる存在の選手になれる逸材だと思う。

第100回大会 夏の甲子園
史上初、2度目の春夏連覇に貢献した根尾昂。

 

 

絶対王者としてプレッシャーの中、
着実に勝ち続けているのだからすごい精神力だ。
根尾選手だけでなく、今年の大阪桐蔭はプロ注目の選手がたくさんいる。

今年は大阪桐蔭から何人の選手がプロ入りを果たすのでしょうか!
これからも大阪桐蔭にも目が離せません!!

 
スポンサードリンク


本日も読んでくださってありがとうございました!!

 

よく読まれている記事はコチラ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました